工場の求人で見つける!女性が活躍する食品加工・工場事務の仕事!

食品加工の仕事内容とメリット

工場での食品加工の仕事は、スーパーやコンビニで販売されているお弁当やお惣菜を加工したり包装したりすることがメインの仕事内容です。冷凍食品の下ごしらえをしたり、食品の検品をする仕事も食品加工の仕事内容に含まれるでしょう。食品加工の仕事で最も大切なことは衛生管理です。直接消費者の口に入る物なので、ゴミや虫などの異物混入や腐敗を防ぐことが重要です。女性が食品加工の仕事をするメリットは、普段から調理や加工になれていることがあげられます。料理をする機会が多い女性にとって食品加工の仕事は家事の延長ですぐに慣れることができるでしょう。また、力仕事がほとんどなく、検品や検査、盛り付けがほとんどなので女性でも長時間安心して働くことができます。

工場事務の仕事内容とメリット

工場での物作りを後方から支援する仕事が工場事務の仕事です。具体的な仕事内容は、一般的な事務の仕事と大きく変わりません。伝票整理や電話応対、来客応対、書類作成などの仕事があります。工場ならではの仕事としては、機械管理や人事管理があります。工場では多くの機械が稼働しています。機械の調子を調整したりどのくらいの時間稼働させるかなどの管理を任されることがあります。また、工場は人の出入りが多い職場でもあります。また、正規雇用だけでなく派遣やパートなどの非正規雇用者も多く働いています。それらの労働者の勤怠管理や給与管理も工場事務の大切な仕事です。メリットは、工場では事務の人数が少ないことがほとんどなので、人間関係に煩わされないことです。中には、事務員は1人という場合もあり気楽に仕事をすることができます。