工場の求人で見つける!仕分け・梱包などの軽作業

工場の仕事はきつくて汚れるようなものばかりでない

工場の仕事というと、「危険、きつい、汚い」という、いわゆる3Kと考えている人は多いかもしれません。イメージ的に油で汚れた服を着て残業しながらドロドロに溶けた鉄を使ってなにか作っているといったものがあるかもしれませんが、工場作業というのはそういうものだけではありません。たとえば求人情報に軽作業と書かれた仕事であれば、ベルトコンベアで流れてくる商品を一定の基準で仕分けしたり、あるいは段ボールに入れて梱包したりと、比較的安全で簡単です。
仕分けや梱包はだいたい同じ場所にずっと立ちっぱなしで行うので、体力的には脚を中心に結構疲れますし、また集中力が要求されるので精神的にも大変ですが、内容自体は女性でも十分行えます。

どのようなものを梱包するのかで大変さが違ってくる

では、求人情報で仕分けや梱包作業の仕事を見つける場合、どんな点に注意して探せばいいのでしょうか。まず、募集している会社がどのようなものを作っているのかを確認しましょう。たとえば、冷蔵庫の梱包作業とお菓子などの梱包作業だと、必要な体力がまったく違ってくるからです。
また、仕事量の違いにも注目です。忙しい時期だから人員を募集すると公言している求人の場合、とんでもない量の仕分け作業をさせられる可能性があり、慣れていないとすぐにギブアップしてしまうかもしれません。
それと求人に軽作業と書かれていたとしても、必ず仕分けか梱包の仕事とは限りません。ライン作業における組み立て作業も軽作業と書かれることが多いので、応募する前に仕事内容を問い合わせた方がいいでしょう。